アトピー肌のベースメイク

子供の頃からアトピー肌で、他の女性のようにメイクが楽しめない。という方も多いと思います。

情報の多さに迷うこともあるかもしれませんが、アトピー改善のための最新治療について知りたい方はこちらを読んでみてください。

まず、アトピー肌の女性がメイクをするとき、ベースメイクをする前のスキンケアがとても大事です。

アトピー肌は脂肪間脂質(セラミド)が通常より少ないために、皮膚のバリア機能が弱いのが特長です。このため、お肌の水分が蒸発しやすく、また外部物質が肌の中に入って刺激を起こしやすくなるのです。ですから、スキンケアによってバリアを作ってあげることがなにより重要なのです。

ベースメイクの前には化粧水、その上に乳液を使います。どちらも保湿機能に特化したタイプのものを選ぶようにしましょう。

まず、化粧水の保湿成分にはいくつかのタイプがあります。角質内に十分なセラミドがある場合は、アミノ酸や乳酸塩、クエン酸などの天然保湿因子が肌の水分を保ってくれるので、これらを配合したタイプを選べば問題ありません。

ただし、バリア機能の低いアトピー肌では、このタイプでは水分が蒸発してしまうので、水分を抱え込む成分を配合したものを選びましょう。ヒアルロン酸やコラーゲンなどがそれにあたり、天然保湿因子のかわりをしてくれます。

次に乳液ですが、こちらはその時のお肌の状態によって注意が必要です。乳液とは水分と油分が結合したものです。油分を含むので、お肌にバリアを作ってくれますから保湿という意味では有効です。ただし「乳化」とは油分を溶かして水分に混ぜ込むということです。そして、油分を溶かすのには界面活性剤を使います。

アトピー肌であまり状態がよくない時は、この界面活性剤が角質内に入って刺激になりますから使用しないほうがよいでしょう。お肌に一番刺激が少ないのはオイルです。

アトピー改善のための最新治療について知りたい方はこちら。